無題

ウルトラ物を描いていたのですが、年明けから行き詰まってしまったので、いったん寝かせてオリジナル作品を作ってます。
古今東西の拷問器具を使っての拷問CG集です。画像は駿河問い。
水責め、凌遅刑、串刺し、スペインの蜘蛛、縛り首あたりをイメージしています。

この駿河問いはこれだけでも辛いのに、このあとグルグル回します。そうすると汗や油などが出てきたり鼻血やゲロが出たりするので、それを差分で描こうと思ってます。
調べてみたら細かく縄で縛るより、こういうシンプルなほうが縄ひとつに対しての比重が高くなるのでより一層辛いとか。
よく見るきれいな緊縛は芸術、パフォーマンスな部分もあるので(被緊縛者が長い時間姿勢を保っていられるかも大事ですし)めんどくさそうな亀甲縛りも憧れますが、ここは拷問ということでシンプル縛り。


長いこと間をあけてしまったので、これからガツガツ描いていきます。